« 大都市の地球温暖化 | トップページ

頭を触らない

フケ症対策の基本は、例えフケが気になっても、かゆみを覚えても、頭をかかない事です。

頭をかいてしまう事で、菌が増えてしまう原因を作るからです。

そうならない為にも、我慢する必要があります。

また、フケが溜まった頭皮や髪を触る事で、フケが落ちてしまいます。

これは、自分だけでなく周りの人にとっても不快感を与えてしまいます。

そうなると、周りの自分を見る目が変わってきます。

コンプレックスの大きな要因となってしまうでしょう。

肩にフケが乗ってしまう事にもなり、どうしても不衛生な印象を与えてしまう事になるので、難しいですができる限り頭には触れないようにしましょう。

頭皮や髪を触らずに、かゆみに耐えるというのは、なかなか難しいです。

また、フケ症だからこそフケを気にするもので、頭にこびりついた脂を含んだフケをどうしても剥がしたくなるのが人情。

この状況でフケを気にするなというのは無理な話です。

こうした状況を解決する一つの対策としては、部屋の中でも帽子をかぶるという事です。

これ自体は、あまり世間一般的には薦められていない行為です。

しかし、フケ症の方には帽子は大きな味方になります。

帽子をかぶっていれば、無駄に髪をいじる事もできなくなります。

タオルを巻いても良いでしょう。

【記念日】

図書記念日
1872(明治5)年、東京・湯島に日本初の官立公共図書館・東京書籍館[しょじゃくかん]が開設された。

瞳の日
眼鏡・コンタクトレンズの業界が制定。「ひ(1)とみ(3)」の語呂合せ。 

外国郵便の日
1875(明治8)年、日本初の郵便条約がアメリカと結ばれ、この日、横浜郵便局で開業式が行われた。それまでは、横浜の外国人居留地にあったアメリカの郵便局が外国郵便の業務を行っていたが、これを廃止して、日本政府が業務を行うこととした。

いい碁の日
鹿児島市が制定。「い(1)い(1)ご(5)」の語呂合せ。

国際結婚の日
1873(明治6)年、政府が国際結婚を認めるとの布告を出した。

遊園地の日 (西日本)
西日本遊園地協会が実施。陽気も良くなり、行楽には一番の時候であることから。

カラー映画の日
1951(昭和26)年、初の国産総天然色(カラー)映画『カルメン故郷に帰る』が公開された。

植物学の日
1862(文久2)年、植物分類学者の牧野富太郎が高知県佐川町の豪商の家に生まれた。94歳でこの世を去るまでの生涯を植物研究に費やして、新種・変種約2500種を発見・命名し、「植物学の父」と呼ばれた。

|

« 大都市の地球温暖化 | トップページ